2014年02月24日

愛とポプラの木

いつも・・・この寒くて白い雪が大地を覆うとき

身体と心の変化を感じます

命のサイクル
命のリズム
命のバトン


春への息吹・芽吹きの頃だからでしょうか

そんな時、切ない気持ちを抱えていると
無性に・・・安曇野にある「絵本美術館・森のおうち」の精霊が私を呼んでくださる

風に呼ばれて通院の帰り道にたどりつくと

そこには・・・

愛あふれる原画たちからの優しいメッセージが

とても、繊細でそのものを感じ取り外側へ表現をと身体中で描かれる
私の命の恩人ともいえる「いせひでこさん」の大きな愛のポプラの木が私を包んでくださいました。

この、タイミングでここを訪れることができたことに、とても感謝でいっぱいです。

「再生」

新たなる気持ちで、またはじまります。


今日のお茶はホーソンとネトルで大きな深呼吸

まぁるい地球いっぱいの愛の空気を戴いて身体も心も緊張が解けて

今夜は羊を数えなくても眠れるかもしれない・・・



ラベル:絵本美術館
posted by ぽっけ at 17:17| Comment(0) | Day | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。