2014年03月09日

まどさんのまど

まどさんの旅立ちがせつなくて・・・

いくつの時間がたったのでしょうか

まどさんの心のお家の窓が開いたときの
吹いてくる言葉の風が・・・私の窓をトントンと叩いてくれた

わたしに「怖がらなくていいんだよ」と風に乗って教えてくれました。

そう、いまのわたしは月に還る
moonつきの女性・・・月の光を浴びて、つきの窓を開けてみたい

ハーブの窓を開けさせていただいてから・・・
月に照らされて、闇夜の中の光を見ることにも怖くなくなってきた

音楽の窓を開けさせていただいたら・・・
音を奏でていると、大地と繋がっているように思えて安心の中を歩けるようになってきた

大好きな場で安らぎを下さる方が作って下さった美味しいおむすびをいただいたら・・・
お母さんが近くなった


それぞれのわたしの中にあるいっぱいのポケットが詰め込みすぎてパンパンになっていたようで
風に吹かれてポケットの中がこぼれた

こぼれたたくさんのもの
ポケットに入れておいた私の大切なものが芽を出したいようと言っているかのよう

種まく季節がやってきます。大切な種を蒔き大切に育てます。


自分の窓にカーテンをかけてもきっと・・やわらかな風が・植物が・鳥さんが・大切な誰かがetc・・・とんとんと窓を叩いてくれる「怖がらなくていいよ」って伝えに。
そしたら、カーテンを開けてみる
そして、窓を覗いてみる


そして、ハーブも支えてくれる・・そう、確信しています。
ハーブの窓を味わってほしいです。
少しずつ、ちくちく縫い縫いはじめました。
また、お逢いできる日を楽しみにしています♪


まどさん!ありがとうございます。

まどさんの詩集は私の宝物です







posted by ぽっけ at 18:21| Comment(0) | Day | 更新情報をチェックする