2014年03月19日

優しい再会のひかり

祈り・・・
通じる、この喜び

受話器の向こう側から、心地よい懐かしい姿が見える

友を亡くしてから三年の月日が流れていた

お元気そうな声を聴いて、また、逢える予感を感じた

春への移ろう頃は、芽吹きのころ

「めでたい・・・芽出たい」

そこにいる喜びを感じえたら・そこに居ていいんだと思えたら
  きっと、足元にある小さなお花・虫・石ころetc、そして、近くに居てくれるひとが見えて感じて、
生きていけるかもしれない


posted by ぽっけ at 09:50| Comment(0) | Day | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。