2016年07月23日

ローズマリーのこども


今朝は涼しく、まだ蚊もアブも蜂もでてない・・・畑しごとです。
畑に行く前に、ハーブの苗床におはようをいいに行くと、
ふたつだけよけていた「ローズマリー」の芽が元気がないのです。太陽が大好きなローズマリー・・・地中海の岸壁に自生する素晴らしき香りを放つ海のしずく
環境がちがうけれど、ずっと助けてくれていたローズマリーの種から育てたくて、今ふたつの子供がうまれ息をしている。一センチもないくらいの姿だけど、おおきくなってほしい。
眼をかけ、声をかけ、水をかけ・・・その、姿をみる、感じる、動く。
子育てへのつながり・・・すべてはうまくいっている♪啓子先生ののことばが大好きでよく使わせてもらっています!ありがとうございます。

草を刈り、真っ赤になっていたとまと(中玉)をたくさんいただきました。
我が家の畑の土はトマトが大好きなので、いっぱい実をつけてくれます。きゅうりが大好きな私はきゅうりを何種類も種を蒔くのですが・・・いつも、実があまりならなくて切ないのです。今年もかなぁ~

フェンネルが黄色い花をつけてる。
 ブラックマロウが魔女のまとっているカラス色の黒を咲かせている。
ノコギリソウの鮮やかなピンク♪
 タイム達の薄い桃色に癒されるわたし。

きょうは、娘と美術館とカフェ巡り・・・

わたしがわたしでいられることへの旅へ



ありがとう♪

posted by ぽっけ at 08:57| Comment(0) | Day | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。