2016年03月04日

ローズマリーの花が咲きました


ことしの冬はいつにも増して寒かったと感じるわたしです、
いや、実際寒かったと・・・(?)いえ、いまもさむい。

わたしの大好きな大切なローズマリーがいつも傍らでわたしを見守っていてほしくて、一鉢におうちとして住んでいただいている
毎年、春先に元気を失ってしまうローズマリー・・・家主であるわたしの心持そのものの姿を見せてくれて今の手立てができないまま悲しみという場面を繰り返している
この冬は、こもるでるの日々を親子で過ごしていたのですが、ローズマリーはよくわたしに大きな声で呼ぶことが多かった。聞こえない、聞こえないフリをするわたしに振り向くようにとばかりに。

あっ!
こどもの声にもだ・・・

植物からいつも教えてもらう
この一瞬を感じることが
明日につながる・・・いえ、今から始まる

そう。
今朝、薪ストーブに木をくべるときに「サリー」と呼ばれて、顔を上げたときにローズマリーの鉢が眼に映ったのです、めがねをかけていなかったのですが、何か白っぽいものがみえて、綿ぼこリかな?と、近くにいた息子に聞くと花だよ!っていうじゃないですか?いや~そんなことないでしょ?というと娘が花だよって言う。近くへ鉢をもってきて、見てみるとひとつのちいさなうすい青色の花でした。

なんともいえない想いが吹いてくる!
わたしは、嬉しい!
ありがとうの気持ちがいっぱい!!
もう、なにもいらない!!
ここに、わたしがいて、あなたがいる!

誕生日前に
こんな気持ちを味わえるなんて!
早いプレゼントをもらえたようで嬉しい♪
プレゼントもらうことなくなってきているけれど、いつもいつも、「必要なときにいただける」ギフトに本当に感謝の気持ちが涌き起こってくる。


ありがとう♪


きょうという、奇跡なじかんがはじまりました
きょうというひを感じ抱きしめたい♪

・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・

これから、お茶のじかん
息子と何をのみましょう~
「ぼく、いいんだよね?」
「いいんだよ」
レモンの皮を入れた紅茶にしましょうか!


春のワークショップ詳細決まってきました。
また、載せたいとおもいます。



お読みになってくださり、ありがとうございます。



posted by ぽっけ at 08:44| Comment(0) | 苗屋さん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください