2016年05月11日

静かに熱く大きくなっている夢

先日、大好きな友人のパン屋さんが出店すると知り、連れて行っていただきました。
ほんとに、ご無沙汰していての再会でしたが、覚えてくださっていてパンを前にお話の時間が咲きました。
彼女のもつ雰囲気の間がわたしの奥にいるサリーとの「ま」間との波長があって心地よいのです!
そう、わたしはわたしの波長があることを再認識するとわたしはわたしの声が聴こえてくる、大事にしよう♪

その日に、急に連れて行ってとお願いしたさきには、知ることへの天からのお計らいだったのでしょう

北の国に住むあの方が春の時間に・・・宙へと羽ばたいていったことを、そのパン屋さんのお隣の方とお話をしている流れから・・・わたしが4月初めのころから、もしかしてと思っていた方と重なってしまったのです!冬に北海道へ旅に行きたいと思っていたのは、その方に会いに行きたかったのだと。

また、わたしは・・・
ありがとうございましたと言えぬままにここにいる

父が8年前に遥かな地へ逝ったときにも、なにも言えず出来ず。
  あの死から、そのときににできることをしていこうと思ったのに


ハーブの世界を橋渡しとなって、すこしずつ、他者とのかかわりの時間が増えて、ここにいるという感覚も頂戴させてもらっているのですがこわいそのこわいをあじわいながら過去せいのわたしの魂のきおくがせんめいにみえるじかんがここさんねんあまりすごしている。この連休中には、ずっとそうしてきてしまったあることがらからおおきなしったいをまねいてしまった。
神様から、最後のチャンスだよとおしえてくれました。
悲しみと孤独とともにざいあくかんを昇華する旅にでることになります。きめないと。きめた。きまった。

今週末は息子夫婦の引越し先のお掃除の日

神様から、きっかけをくださったと、本当に感謝しております。
こわいけどみていく。そうなるとおもっているとそうなると(わるいほうわるいほうにの引き寄せは得意のわたし)いうじっかんはあるので、こんかいは、いいほうにいいほうにと祈っている。もう、まえとはちがう。
むかしのわたしではないはず。まえのようなことは選ばない。
怖くて恐くてしかたがない
でも、わたしのなかのわたしがもう今だよって背中を押していう。わたしの守護天使さりーも応援してくれる
静かに熱く大きく膨らむ夢に向かっていくこと
おかあさんおとうさんおこらないよねみんなもいじめないよね
天に羽ばたいた、北のTさんとお話をさせていただいたある日の流れから「自分が今何をするのか、何をしなくてはいけないのか・・・今、何を必要としているのか聞きなさい、知りなさい、しなさいと」Tさんから、メッセージをいただいた記憶が鮮明にわたしをまとう。いのちを粗末にしてはいけない、だいじにしなさい。ひとりぽっちでも生きなさい・・・、笑顔が可愛いねともいってくれたTさん。笑いと食を大事にお仕事を続けてこられた看護婦さんのTさん。いのちだけはここにあるよ。いえ、お借りしているからだもここにいます。約束した命はくるしくてもつむぎます。それだけしかできないかもですが、わたしのなかのわたしがうごいています。片付けしていくとはっきりしてきて知ることになる予感の中、おてんとさまとおつきさまに守られながらおうちとむきあっています。Tさん、わたしは大丈夫です。おそらで見守ってくださいね。
Tさん、ありがとうございました。また、お会いできる日を楽しみにしております!


posted by ぽっけ at 11:02| Comment(0) | Day | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。