2016年07月19日

セントジョーンズワートのハーブ染め


三連休のなか日に
曇り空で、朝はそんなに暑くなかったので始めました!
ハーブの庭のお手入れも兼ねて、セントジョーンズワートの姿を見て摘み取り・・・たき火スペースにて薪を使って熾火になったところ、、
やはり、夏日!おてんとさんが元気よく顔をだしてきました。
けれど、始めてしまったので、庭の桑の木の下へ椅子を持っていき、準備をすすめて一気に大きなボウルに入れて煮出しました!!
夫と息子も汗だくだくで手伝ってくれて、本当に感謝♪
セントジョーンズワートは高さ一メートル近くまで育ち、お花はちいさな黄色。古くから、傷を癒し気持ちに寄り添ってくれるよう。浸出油をも作って手当にも使ったり。
セントジョーンズワートの薄い桃色で孫の肌着やハンカチを染めようかなと思っています。

夏のこのとき、大地からの贈り物の植物の声を聴きながらの手仕事は言葉を超えて母なる地球へ溶け込むじかん。
これから、まだまだ続くハーブ染の時間が楽しみです。


ありがとう♪
posted by ぽっけ at 11:27| Comment(0) | ハーブクラフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。