2016年07月21日

満月の光に照らされたハーブの苗♪そして・・・蛇の抜け殻


昨夜の満月の光はとても優しく感じ・・・ずーっと、月のひかりを浴びていたかった。
ハーブの苗も満月の光をたくさんチャージしたようで、朝声かけをしにいったら、ぐんと!大きくなっていた。
レモンバームのベビーハーブを一枚もっらって味わってみよう。
スペアミントも清々しい香り。

・・・・・・・・・・・・・・・
そして、
あさ、庭を歩いて家に戻ろうとしたとき・・・足元に一メートル近いヘビ?のような長いものが見えた。
よく見ると、蛇の抜け殻だった。
子供たちを呼ぶと、近くにあった竹の棒を持ってきた。
以前、蛇の抜け殻をお財布に入れておくとお金持ちになるときいたことがあったからと(笑)。
朝露に濡れていたので、息子は玄関前のハーブ用のちいさなビニール温室の上に置いたもので・・・わたしは、勘弁してよ!というものの、こどもふたりは・・・そこがいいよ!となって、今は曇り空のもとで干されている。



わたしの作業部屋の前は愛犬のかいの小屋・・そして、畑と右がわにハーブの庭。その先には見えないがちいさな川がありすぐに山なのだ。この間の距離は実はそんなにないのだ。ここ5年ほど目の前で少しづつ、崩れているのだ。「崩壊」なのだろうか、「修復」なのだろうか・・・。わたしは、怖くて目を向けたくなかったが、毎日、目を逸らさずに見る  そこを見ることから始まる  愛犬のかいにまなざしを向けるとき、息子がそこにいる 今を生きる息子に声をかけると笑みが降りかえってくる、笑みの向こうには隠れている言えない言葉と畑の実が草で隠れていること知る  感じると愛おしくなる 知ると草かきに出向く 草かきをして汗を拭うときその向こうには山と川がある  山からのメッセージが聴こえてくる。
聴こえてくる・・・わたしは、どうする?



ありがとう♪






posted by ぽっけ at 08:57| Comment(0) | Day | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。